九州工業大学 大学院 工学府 物質工学専攻  マテリアル工学コース / 工学部 マテリアル工学科

エネルギー環境材料学研究室

HOMEENGLISH
研究概要

 21世紀を迎えエネルギー・環境問題がより顕在化し、人類の将来に警鐘が鳴らされつつあります。そのため地球環境に負荷をかけず、人類の持続的発展と幸福のために十分なエネルギー活動や経済活動を行うことを可能とする高度な科学技術の実現が望まれています。このような要請に応えるには、従来にない飛躍的な特性を持つ革新的な物質・材料の登場が大きな鍵を握ります。
 人類社会における最大の課題の解決に貢献することは、大学に課せられた重要な使命のひとつであり、以上の社会の要請を念頭にこれら材料の創製と基礎・応用研究を進めていきます。同時に量子力学、固体物理、材料科学に立脚し、新物質探索、複合材料化、ナノ構造制御、革新的機能実現、等々の観点から今後の持続的発展に不可欠な自然順応型エネルギーナノ材料に関わる学問領域の創出を行い、従来にない革新的材料技術創製のための研究を展開していきます。
 現在進めているテーマは、(1)超伝導を含む革新的機能・特性を有したエネルギー・環境ナノ材料の創製、および(2)材料物性の飛躍的向上をめざすナノレベル構造制御・基盤技術等の構築です。研究室では、ナノ材料設計、エピタキシャル薄膜技術、ナノ評価技術、低温物性測定、計算科学等々を通じて、上記の課題に挑戦していきます。

ご挨拶

21世紀を迎えエネルギー・環境問題がより顕在化し、人類の将来に警鐘が鳴らされつつあります。そのため地球環境に負荷をかけず、人類の持続的発展と幸福のために十分なエネルギー活動や経済活動を行うことを可能とする高度な科学技術の実現が望まれています。

お知らせ