ナノ構造解析学研究室

研究内容

我々の身の回りでは様々な材料が使用されています。例えば、ノートコンピューターを見てみると、中央演算処理装置(CPU)には半導体、ハードディスクには金属、バッテリー(正極)にはセラミックスが用いられています。これらの材料の性質は、構成元素の並び方によって大きく変化します。このため新規機能性材料、構造材料の開発に際しては、構造情報の取得が必要不可欠です。しかしながら、デバイスの高集積化に伴う微細化や機能付加のためのナノへテロ化により、通常の手法では構造情報を得ることが困難となってきております。

透過電子顕微鏡では、高速の電子を試料に入射し、透過してきた電子を用いて構造解析を行います。倍率は100万倍以上に達し、最先端の電子顕微鏡では0.1ナノメーター(100億分の1メートル)以下の空間分解能が実現されています。更に、分析機器を搭載することにより、組成や電子状態等の化学的情報も得ることが出来ます。これらの特徴により、透過電子顕微鏡はナノテクノロジーの分野で欠かすことの出来ないツールのひとつになっています。我々のグループでは、透過電子顕微鏡を用いた構造解析を通して「ものつくり」に貢献しています。


DVD-RAMやCD-RWに用いられている相変化型記録材料(J. Appl. Phys. 95, 8130 (2004): 98, 034506 (2005): 107, 103507 (2010).)


原子スケールでの欠陥構造解析(Acta Mater. 61, 7904 (2013), Appl. Phys. Lett. 103, 033104 (2013))

Copyright © ナノ構造解析学研究室. All Rights Reserved.